転職を確実に成功させる苦手な面接を克服する方法

希望して納得できる企業に転職したいと考えているのに、面接ではあがってしまう、急に言葉が出てこなくなるなど、面接が苦手で困っている人は多いそうです。

業務に必要な資格を取得しているし、履歴書の内容も充実している、条件だけならすぐに採用されるのに面接が苦手というだけで憧れの企業に入社できないのはとてももったいないですね。

面接を克服するために重要なのは情報収集

そのような面接が苦手という方におすすめしたいのは、面接を克服するための情報を集めることです。面接は慣れや工夫で必ず合格のレベルには行けます。なにも会話のプロになれとか、大勢の前でうける話をしろとか難しいことをするのではないのです。

ごく当たり前のの質問に対し、ある程度装飾をしながら誠実に正直に受け答えをするだけなんです。転職活動で確実に成功したいなら、面接は最重要といっても過言ではありません。転職の重要な決め手となりますので十分に対策を練りましょう。

中途採用では面接が重視される

中途採用はいうまでもなく即戦力が求められます。業種のスキルや経験があるとすぐに仕事を始められ、業務がスムーズに進むために重宝されるのです。しかし、この即戦力とはスキルや経験のことだけではありません。中途採用の場合は、人員の足りない部署に役割をもって入ってもらおうと企業は考えています。

そのため、スキルや経験以外にもメンバーと協力してやっていけるか、与えられたポジションの役割を果たせるかを重視するのです。それを判断するのが面接の場で、あなたがどういう人間か社風に合うのか、今のメンバーと協力して働けるのかを随時チェックしているのです。

そのため、書類選考に合格して面接に進めてもまだ半分です。書類から、ある程度あなたのことは良さそうだと思っていても実際に採用するかどうかは面接次第なのです。

採用されるための最低限の面接対策

では、実際に転職で採用されるにはどのように対策すればいいのでしょうか?細かいテクニックより前の段階でまずは即効で面接に臨むための心構えをお教えします。

面接の基本は身だしなみから

面接をクリアするには、まずは身だしなみに気を遣う必要があります。髪を整えたり、スーツのシワなどをチェックすることはとても大事です。身だしなみが整っているならば、自信を持って面接に臨むことができます。身だしなみぐらい整えているバカにするな!といわれそうですが、意外にできていない人もいるのです。

特にエンジニアなどの面接が苦手で普段スーツを着ないような人は、シャツやスーツにシワがあったりハンカチを忘れたり気を付けることは多くあります。

資格の取得の証明書

資格を取得しているならば、合格証や証明書などを忘れずに持参しましょう。業務に不要な資格の証明書はいりませんが、資格が必要な業種ですと信頼度が高まりますし、資格を証明することによって、積極的な気持ちで面接を受けられるからです。

さらに、あらかじめ自分の長所や短所をリストアップしておく方法も有効です。質問された場合にスムーズに答えることができますので、暗記しておくことをおすすめします。

面接はとにかく準備が大切

大勢の前で演説する人、研究発表をする人、面接が得意な人、一見すごいなぁと感心しますが、実は彼らは生まれもって才能があったわけではありません。人前で話すことが得意な人は、とにかく慣れているのです。面接慣れというようにとにかく何度も面接を受けていれば自然と慣れて上手に話せるようになります。

しかし、転職の場合は何度も練習している時間もないし最初の一社目が本命ならば練習なんて悠長なことを言っていられません。そんなときには、とにかく練習や下準備が大切です。想定される質問やどのような質問をするか、面接に臨む相手企業の研究などやることは多々あります。

面接の準備をきちんとやれば、本番で緊張して70%の力しか出せなくとも準備で面接に対する自力が上がっているので70%でも問題なくこなせるはずです。

はじめての転職ノート

転職エージェントを活用して面接対策

自力で面接の対策を行うことが難しいと感じた時は、転職エージェントに相談しましょう。転職に関する有益なアドバイスをたくさんもらえますので、とても参考になります。

転職エージェントに登録すると苦手な面接のレッスンも受けられますので、本番に備えることができます。身だしなみはもちろん、言葉遣いについて指導してもらうことも可能です。

しかも、転職エージェントは数多くの企業に関する情報を所持しています。そのために、自分の適性を考慮しながら、最適と思われる企業を探せるというメリットがあります。

リクルートエージェントの場合

業界最大手のリクルートエージェントなら 同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視するポイントは異なります。

キャリアアドバイザーからは、企業ごとに、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることが可能です。面接対策のヒントとして活用してください。

過去の実績から企業ごとの面接内容を提供
想定面接を行なえる

キャリアアドバイザーは転職のプロ。「緊張して、何を話していたのかわからなくなってしまう…」など、面接に自信のない方には、キャリアアドバイザーが面接官役となっての模擬面接も行います。

話すスピードや声のトーン、「結論を先に伝える」など話し方についてのポイントも客観的な視点からアドバイス。自信を持って面接に臨めます。

1.面接の力そのものをアップさせる講座や指導
2.志望企業の有利になる選考情報を教えてもらえる可能性
3.応募企業に合った面接対策をしてくれる可能性

転職エージェントは見極めが大切

転職エージェントに登録して面接対策を行おうと考えている場合は、多くの転職エージェントの中から選ぶことになるので、慎重に見比べることがポイントになります。転職エージェントのサイトには具体的な面接の対策やスタッフの指導方法が記されていますので、実際に選ぶときの決め手にすることができます。

以下のサイトでも転職エージェントの見極め方を解説しています。
転職エージェント選び方ガイド【評判を比較】