サプリメントは肝臓に負担をかけるの?

最近よく聞かれることで、サプリメントって肝臓によくないんじゃないの?ってことです。

確かに肝臓は解毒を行う機関なので、肝臓で処理することで肝臓に負担がかかりそうなものです。実際のことろはどうなんでしょうか?私は、今でも肝臓のサプリメントを摂っているいるのでサプリが肝臓に負担をかけるなら一時ストップしないとな~と思います。

肝臓ってなに?ってところから

サプリメントが肝臓に負担をかけるかどうかは気になりますが、まずは肝臓がどんな働きをしているのかを調べてみました。

肝臓は、体内で解毒と栄養の貯蔵に関わる臓器です。解毒といっても毒をそのまま飲む人もいないのでピンとこないかもしれませんが、要は体に悪いものです。アルコールや体によくない添加物なんかも「毒」として扱われます。

特になじみが深いのがアルコールではないでしょうか?アルコールは、肝臓で処理して無毒なものに変えているのでひどい酔い方をしないですむのです。とうぜん、飲みすぎると肝臓で処理できなくなるのでアルコールが血液を使って体内にめぐります。

そうすると、悪酔いや二日酔いの症状になってしまうのです。肝臓は健康であればお酒を多くのめますが、弱っているとアルコールの処理がうまくできないのですぐによってしまうということなんです。

肝臓に負担をかけるサプリメントとは

肝臓に負担をかけるサプリメントは、配合されている成分の種類やサプリメントを固める添加物やカプセルによっても違ってきます。

化学合成のサプリメント

肝臓のサプリメントには、しじみ由来のもの、牡蠣由来のものなど天然の素材を使って成分を凝縮しているものと、化学的に成分を合成してつくっているものの2種類があります。

この2つの違いというのは、天然のものはもともと人間が取り入れて問題ないものなので安全でいろいろな成分が多く入っています。例えば、「しじみ」だったらオルニチンにタウリン、ビタミンやミネラルなどです。

ただし、原料を採取するのに手間がかかるので、その分高濃度にするとサプリメントも高価になりやすいというデメリットも存在します。合成のものは、不純物がなく安定して成分をつくることができます。価格も安価にできることが多いです。

ただし、栄養成分がオルニチンだけといったように、成分同士の相乗効果が期待できない上に、石油から生成しているものなどもあるので信頼性に欠けることもあります。

そう、天然のものは食品に近いため体内での分解・吸収もスムーズ。一方合成のサプリメントは体内での分解を肝臓で行うことが多くなり肝臓に負担をかけやすいということです。

また、サプリメントには必ず錠剤を成型するため、顆粒をカプセルに入れるために添加物がつかわれます。粗悪なものだと、粒の形や色をキレイに見せるために増粘剤、着色料、味を整えるために甘味料や香料などを入れているケースもあるのです。

これらの添加物を処理するのはやはり肝臓なんです。つまり、肝臓への負担を最小限にするには化学合成のサプリメントよりも天然由来のサプリメントを摂取した方がいいのです。

私が実際に使用しているサプリメント

私は肝臓系のサプリメントを3年ぐらい飲んでいます。それは、お酒を飲むことが多いのと朝スッキリ起きたいためです。

昔から私は、朝が弱くしかもお酒を飲むと朝がかなりつらくなります。でも、人によってはお酒を飲んでも朝は平気という人もいるんですよね。

その違いはなにかな~とずっと思っていたのですが、やっぱり肝臓の処理能力の違いだということに気が付きました。

実際に私がチェックした肝臓のサプリは以下のサイトです。いろいろなサプリが紹介されていたので助かりました。
肝臓に効くサプリメント特集!おすすめランキング

サプリメントの効果がでているかというと、最初のころは違いが判らなかったのですが、一度飲むのを止めて違いがわかってきました。飲んでいる間はよくわからないけど、実際に飲まなくなるとよくわかってくるんですね。